PICK UP 話題の脱毛サロン

エステ脱毛体験|まずは口コミ・評判をチェック! TOP  >  ★エステ・脱毛Q&A >  照射後の注意点

照射後の注意点

問い掛ける女性

エステや脱毛サロン、クリニックなどの専門店でプロに脱毛を任せる場合、照射後はどのようなことに注意すればいいのか?この問い掛けについて詳しくご説明します。


まずはじめに、エステやクリニックで行われるレーザー脱毛や光脱毛は、光のエネルギーを脱毛部分に照射してメラニン色素と同様の黒や茶色の色に反応させると同時に、発毛機能にダメージを与えて発毛のスピードを抑える方法です。


お肌には負担の掛からない安全な脱毛法とされていますが、照射した後のお肌は熱を持ちやすく、光に反応した毛やその周辺の組織が老廃物として体の外に排出されるまで時間が掛かります。


光脱毛で照射した部分が落ち着くまでは、お肌に負担を掛けないように以下のことに注意してください。



3つの注意点


下記にまとめられた3つの注意点を意識して、肌トラブルを起こさないよう自己対策してください。



<その1>
脱毛を受けた当日は照射した部分が熱を持っているので、お風呂に浸かるのは控えてシャワーを浴びるようにしてください。

脱毛した部分をボディタオルでこすったり、スクラブ系石鹸などの刺激のあるバスグッズを使うのは避け、なるべくお湯で流すだけにしましょう。

温泉やサウナなどに入ると、お肌が炎症を起こす場合があるので注意してください。
また、当日は激しい運動なども控えてください。



<その2>
照射した後のお肌は、強い紫外線を浴びるとシミやそばかすの原因になるので、日焼けをしないように十分注意してください。

夏に海水浴などに行く予定がある場合は、その前後3ヶ月くらいは光脱毛は避けた方が良いと思います。



<その3>
照射した部分でも1ヶ月ほどすると毛周期の関係でムダ毛が生えてきますが、毛抜きで抜くと炎症を起こしてしまいます。また、次回の脱毛時に毛根に反応しにくくなり効果が半減してしまうので、無理に抜かないように注意してください。

どうしても気になる場合は、シェーバーで軽く剃るようにしましょう。



※上記のことは、エステやクリニックで施術を行った際に、アフターカウンセリングで説明があるかと思います。



紫外線には要注意!


特にこれからの時期は紫外線が強く、肌荒れなどがしやすくなります。


思わぬ肌トラブルにもなりかねないので、十分注意しましょう。


紫外線を意識して薄手の長袖を羽織ったり、帽子や日傘を使うなど、自分なりに対策するのもいいかもしれません。


尚、外出する際は必ず日焼け止めを塗るのを忘れないでください。日常生活ではSPF15~20前後でいいかと思いますが、長時間外にいる場合は、SPF30~SPF50のものを塗るようにするといいですよ。



また、日焼け止めをしていても油断は禁物です。
塗っていれば必ずしも「日焼けしない」というわけではありません。


汗を掻けば効果は薄れてくるので、紫外線を受けやすくなります。
なるべく長時間の外出は避け、室内で過ごすことを心掛けましょう。



脱毛するからには、お肌への気遣いを絶対に忘れず施術が全て終了するまで、紫外線対策の意志を強く持っていてくださいね。


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリ

エステ、脱毛、クリニック人気ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: