PICK UP 話題の脱毛サロン

エステ脱毛体験|まずは口コミ・評判をチェック! TOP  >  スポンサー広告 >  ★エステ脱毛に関する基礎知識 >  エステ脱毛の効果

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エステ脱毛の効果

エステで脱毛をする際に、一番気になるのは効果の現れ方ではないでしょうか。

技術や機械はもちろんのこと、脱毛を始める時期によっても効果は異なるので、まずは毛周期による脱毛に適した時期を見てみましょう。

毛根の仕組みでもお話したように、毛が生え換わるサイクルには、「成長期」「退行期」「休止期」があります。

この3つのサイクルの中で、休止期は毛穴に毛が存在していない、もしくは毛が生えていたとしても、すでに寿命をまっとうし抜け落ちるのを待っているだけの毛なので、この時期は脱毛しても効果はありません。
脱毛をするなら成長期か退行期ということになります。

発毛周期

このように、毛は成長期→退行期→休止期を繰り返しているため、毛穴によってどのサイクルかは異なります。
そのため、一度に脱毛ができず、エステサロンや医療機関でも
完全に脱毛をするには何度か通わなければならないわけです。


効果的な脱毛法


さまざまな脱毛方法がありますが、一番効果があるとされているのは「針脱毛」です。

針脱毛は「ニードル脱毛」「ブレンド脱毛」とも呼ばれ、毛穴のひとつひとつに細い針を差し込み、微弱な高周波電流を流して脱毛します。
電流により毛根を焼き切って毛根部を破壊するため、ムダ毛は永久に生えてこなくなります。

ただし、針脱毛の経験者はそのあまりの痛さに途中で止めてしまう人も多いようです。
毛穴のひとつひとつに針を差し込まなくてはならないので、
長時間痛みに耐えなければなりません。


そのため、根気強く施術に通わなくてはならない点も、針脱毛が続かない理由だといわれています。


脱毛効果は針脱毛が一番ですが、痛みや時間を考えて最近では痛みが少なく一度に広範囲の脱毛が可能な光脱毛に人気が集まっているのです。


また、脱毛の効果という意味では、妊娠をしている時期や生理中はホルモンの影響から脱毛には適していません。

この時期は肌も敏感になっていますし、精神的にもイライラしやすくマイナス面が大きくなるからです。
ケースによっては妊娠中に施術を受けて、吐き気やめまいがした…という方もいますので、この時期の脱毛は控えたほうが賢明だといえます。


尚、年間コースを契約している場合、妊娠が分かった段階で申し出れば、休止制度を設けているサロンもあります。

妊娠の可能性がある場合は、事前にこうした制度があるかないかの確認をしてから契約をしたほうがいいでしょう。


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリ

エステ、脱毛、クリニック人気ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。