PICK UP 話題の脱毛サロン

エステ脱毛体験|まずは口コミ・評判をチェック! TOP  >  未分類 >  痩身エステの痛み事情 ~『痛い!』を上手く伝えるコツ~

痩身エステの痛み事情 ~『痛い!』を上手く伝えるコツ~

『痩身エステ』と聞くと、「痛そう・・・」というイメージを抱く方が多いように感じますが、実際のところはやはり痛みを感じてしまうケースがほとんどです。

 痩身エステ

ハンドマッサージで筋肉やリンパを揉みほぐすわけですから、リラクゼーションエステのような心身共に癒されるといったことは残念ながらありません(>_<;)


「通って後悔した。」「痛みに耐えられずもう行くのが嫌になった。」などと言った意見があるのも事実です。


身体の脂肪分を落として痩せることを目的としたエステなため、多少の痛みが生じてしまうのは仕方ないとして、あまりにも痛い場合はどのように対処すべきか悩んだことありませんか?


素直に「痛い!」と言える方であれば問題ありませんが、中にはかなりの痛みが伴っても我慢してしまう方って多くいると思うんです!


そういった方々の意見として、『痩せるためだからどんなに痛くても我慢』『余計なことを言って場の雰囲気を壊すのが嫌』『次回からちゃんと施術してもらえなくなりそう』といった考えがあるようです。


私も痩身エステ経験者ですからそういったお気持ちも分かるのですが、場合によっては逆効果になってしまうこともありますので、今回は『痛いを上手に伝える方法』をご紹介したいと思います☆


●痩身エステ<痛みの原因は?>


痩身エステでは、カウンセリングで得た情報をもとに痩せにくくしている原因を突き止め、その基となっている部分にアプローチをかけていきます。


例えば、新陳代謝が低下している場合は代謝を高めるハンドマッサージやマシンによる施術を行ない、セルライトが溜まって痩せにくくなっている際には揉みほぐしマッサージが必要になります。


痛みの感じ方というのは人それぞれ千差万別ですが、代謝UPのマッサージで痛みを訴える方というのは、ほとんどいないと思います。


セルライトの揉みほぐしや筋肉の揉みほぐしなどでは痛がる方もいらっしゃいますが、それは一概にエステティシャンの方の力加減や技術スキルだけが問題とは言い切れないものがあります。


主に筋肉・脂肪(セルライト)が硬い人は、ほぐれてくる数回目の施術までは痛みを感じることが多く、他にもリンパの流れが滞っていたり老廃物が溜まりむくんでいるような場合にも痛みを感じやすいです。


また、「冷え症で血行不良」「普段から肩こりが酷い」「体内で何かしらの炎症を起こしている」といった際にも、最初のうちは痛いと感じることでしょう。


痛みについてはハンドマッサージに限らず、カッピングや痩身マシンでも感じることがあります。


例えば、低周波の筋肉運動ではピリピリと筋肉を抓られるような痛みがあるものや、カッピングでは強い吸い付きに違和感を覚える方もいると思います。


サロンによって使用している高周波マシンや吸引系マシンなどは様々なので、心配な方はどのような機械を使っているか、痛みはどうかなどを直接問い合わせたり、ネットの口コミや来店予定のサロンの評判などもチェックしておきましょう!


<知っておくべきポイント>

施術の最中だけでなく、翌日などに筋肉痛に似た痛みや、熱をもったような『揉み返し』という状態になることもあります。

冷やせば治まる場合と、冷やさずにさらに自分でマッサージを行ったほうが良い場合がありますので、自己判断せずサロンに確認してから適切な処置を行うようにしてくださいね(^-^)


痛みに対しての予防策をとっておく!


予防策
痛みと言うものは耐えられる場合とそうでない場合があります。

痛みの感じ方は人それぞれですので、特に痛みに不安がある際は以下の予防策をとっておくことをおすすめします。


①事前に痛みに耐えられるかどうか不安なことを伝えておく。

どのサロンに通う場合でも、施術を行う前にカウンセリングを受けるので、その時に痛みに対して不安があることを入念に伝えておきましょう。

みなさん痛みに対して少なからず不安をお持ちだと思いますが、サロンによっては「そんな心配しなくて大丈夫ですよ~。」などと軽くあしらう場合があります。

カウンセリングを行う担当者と実際に施術を行うエステティシャンが別の場合は、念のためその方にも伝えておくと良いですよ。

痛みについてなんですが・・・と切り出せば、大抵話が伝わっているはずなので気を遣いながら進めてくれるはずです。

「内出血しやすい体質でも平気ですか?」など、実際はそんな体質でなくても一言つぶやいておくのも効果的です。


②施術の最中にどこに痛みを感じるか具体的に伝える。

ハンドマッサージであれ、マシンであれ、痛みが強い場合は緩めてもらうのが一番です。「痛い=効果がある」とは限りません。

これはサロンによってまちまちですが、エステティシャンの方が「痛くないですか?」「強さはどうですか?」と声をかけてくれたりすることもあります。

施術部位によっても痛みの感じ方は違いますので、先ほど聞かれた時は大丈夫であっても、部位が変わり痛さが強くなったのであれば、その箇所が痛い旨をきちんと言いましょう。

「●●(施術をしてもらってる部分)が(どのように)痛いです。」と痛みを感じる部位を具体的に伝えることが大切です。

※終わってからではなく、必ず“施術を行っている最中”に伝えるようにしましょう。


③術後の翌日などに痛む場合は電話で症状を伝える。

痛みを我慢して施術を受けていたために、内出血を起こす場合があります。大抵は数日で消えていきますが、部位によってはアザのように残ってしまうこともあります。

内出血や発熱を伴うような場合は、曖昧な表現ではなく「どの部位が」「どのようになっているのか」をできるだけ詳しく伝え、的確なアドバイスをもらうようにしましょう。

この時に的確なアドバイスがもらえない場合は、念のため内出血を起こしている部位を写真に撮っておき、早めに医療機関の受診をおすすめします。


「痛い」を上手に伝えるには?


参考例

痩身エステを受けるわけですから、ある程度の痛みが伴うのは仕方ないとしても、我慢出来ないほどの強い痛みを感じてしまったら、以下のような例を参考にエステティシャンの方に訴えかけてみてください\(^o^)/


①いとうあさこさんのように、「イタタタタ(笑)」と言う。

いとうあさこさんがテレビ番組で使っていたのをみて、“意外と使えるかも”と思いました!
これは結構大袈裟に言ってしまっても問題無いです。
私も実際に使いますが、場の雰囲気を壊すどころか盛り上がります(笑)その後は余計会話が弾みますし、痛みに耐え続ける必要もありません。


②どうしたらそんなに強い力出せるんですか?もしかして毎日鍛えてたりします?

大概の人は「クスッ」と笑ってくれます。
「ほら、力瘤スゴイでしょ~?」なんて言って見せてくれる方もいたくらいですから!
もちろんその後は加減して行ってくれましたよ。


③「う~ん、痛いけど我慢のしどころですか?我慢できなくなったらハッキリ言っちゃいますよ~(笑)」

痛みが少し強いなと感じ始めたらこのような感じで言うといいかもしれません。
「もう少しの我慢ですから頑張って下さいね。」と言われる場合もありますが、事前に再認識させておくことでエステティシャンも弱める準備をしといてくれることが多いと感じます。(マシンを使用している場合)


どの例でも言えることですが、真剣な感じで言うのではなくあくまでも冗談っぽく言いましょう(*^▽^*)

真顔なんかで言われたら相手も真剣に捉えてしまいますので、その辺は要注意です。


痩身エステ~まとめ~


それぞれ事情はあると思いますが、あまりにも痛い場合は我慢せずきちんと伝えることも大事だと思います。


ですが、ただ単に「痛い!もうやめて下さい!」などと言ってしまっては場の雰囲気を壊しかねません。


怒っているような表情で「痛い」と言われれば、その後の対応に困ることもあるでしょうし、施術をしてくださるエステティシャンの口数も減ってしまいます。


本当は力を入れなければならない部分に対しても、あまり力を入れずに施術が終了になってしまうこともあります。


エステティシャンの方々はいくら技術があっても、『完璧ではない』と言うことを肝に銘じておいたほうが良いかもしれません。


また、施術を受ける側の状態によっても変わってきますから、特に初めて痩身エステを受ける際には注意すべきでしょう。


相手に不快を感じさせず痛みを伝えるのは案外難しいものですが、長い期間通うとすれば尚更遠慮せずに痛みを感じていることを伝え、ストレスなく痩身して美しくなりましょう♪



関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

家庭用脱毛器
カテゴリ
TBC (1)

エステ、脱毛、クリニック人気ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: