PICK UP 話題の脱毛サロン

エステ脱毛体験|まずは口コミ・評判をチェック! TOP  >  ★エステ脱毛に関する基礎知識 >  医療レーザー脱毛とは?

医療レーザー脱毛とは?

医療機関
医療レーザー脱毛とは、美容皮膚科などの医療機関、すなわち病院やクリニックで受けられる施術方法です。


その原理は、黒い色素に反応するレーザーを皮膚に照射することで、毛穴の奥の発毛組織を破壊し、それ以降毛が生えてこないようにするという方法です。


医療レーザーの機械では、とても強いレーザーが出せます。
そのためレーザーを肌に照射することは医療行為にあたります。


レーザー脱毛は設備の整った医療機関のみで受けられるものであり、一般のエステサロンでは取り扱いができないということを頭に入れておきましょう。


現在、医療レーザー脱毛を受けられる医療機関は美容皮膚科を中心に、美容外科、一般の皮膚科、また医療レーザー脱毛専門の皮膚科など幅広く普及しつつあります。


レーザーの出力が強いため、施術時の痛みを気にされる方が多いですが、一般的には輪ゴムで弾かれた程度の痛みです。

個人差や部位差もありますが、出力の弱いサロン脱毛よりは痛いと言われています。


しかし、特に痛みを感じる個所や痛みに弱い方の場合には、麻酔クリームを塗って処置することもできますので、痛みについては心配いりません。


医療レーザー脱毛の機械の種類


医療レーザー脱毛の主な機械には、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ルビーレーザー、ヤグレーザーなどがあります。

その中でもアレキサンドライトとダイオードの2つは比較的日本人の肌質に合うことから、現在多くのクリニックで使用され、実績も増えてきています。


アレキサンドライトレーザーの特徴

アレキサンドライトは、シミそばかすの治療にも使われるもので、肌質改善効果も期待できるということ。

照射時に同時に冷却する装置がついているので肌を冷やすジェルの塗布が必要ないことがあります。



ダイオードレーザーの特徴

ダイオードは、日焼けした肌や色素沈着した部分にも効果が発揮できる点で、より日本人の肌質に合っていると言われています。

また、脱毛専用に開発された機械で、産毛にも高い効果を発揮します。こちらも冷却装置がついているのでジェルが必要ありません。


医療レーザー脱毛自体は、1990年代にアメリカで発明された手法ですが、日本においても日本人の肌や毛に合うように研究が進められており、新しい機械がどんどん開発されています。


どの機械を取り扱っているかはクリニックによっても異なりますので、カウンセリングの際には肌の状態について相談し、適切な機器を選択してもらいましょう。


脱毛ブログランキングバナー
脱毛 ブログランキングへ



関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリ
TBC (1)
リンク

エステ、脱毛、クリニック人気ランキング
無料メルマガ登録

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示