PICK UP 話題の脱毛サロン

エステ脱毛体験|まずは口コミ・評判をチェック! TOP  >  ★エステ脱毛に関する基礎知識 >  光脱毛とは?

光脱毛とは?

現在エステサロンで施術してもらえる、いわゆる「エステ脱毛」というのは、光脱毛のことを示しています。


サロンによってはフラッシュ脱毛、IPL脱毛などの呼び名がありますが、基本的には光脱毛と同じものと考えてよいでしょう。


毛根のダメージ
光脱毛の原理とは、強い光を皮膚に照射することで、毛穴の奥の発毛組織にダメージを与え、それ以降の毛を生えなくすることです。

もちろん、ただ単に光を皮膚に照射しているのではなく、黒い色素に反応するように調整された特殊な光となっています。


そのため、毛を剃った箇所があれば、光のエネルギーがその断面をつたって毛穴の奥に到達し、発毛組織を破壊することができるのです。


医療機関などで受けられるレーザー脱毛もよく似た原理を使っていますが、レーザーは光脱毛より強い光線で肌への負担も大きいため、エステサロンでの使用は認められていません。


特に、施術時の痛みが強いため麻酔を使ったり、施術後に腫れたり炎症を起こしたりというケースが比較的多く起こるようです。


エステで受けられる光脱毛はそこまで強いものではないので、効果はレーザーよりも劣るものの、皮膚への安全性は高いといえます。


肌が弱いため、レーザー脱毛は強すぎて使えないという人でも、サロン脱毛ならOKという場合があります。


また、光脱毛の照射は肌質改善効果があり、サロンによっては光脱毛の機器をフェイシャルエステ用にも使用しているくらいです。


そのため、光脱毛の副効果で皮膚のたるみやシワの改善がみられる人もいます。



最近は、家庭用脱毛器も人気を集めています。

この家庭用脱毛器も、光脱毛の原理をつかったものです。


サロンでは大型の機器ですが、それを家庭用に小型化し出力を弱めたものといったイメージです。


脱毛効果はサロンに劣りますが、フェイシャルエステにも使え、一般の人でも使えるくらい安全性も高くなっています。



光脱毛は、残念ながら一度照射しただけでは終わりません。
毛には、毛周期というものがあり、脱毛の効果が表れるのは、発育中の毛だけです。


その分量は全体の毛の20%程度、あるいはもっと少ないともいわれています。


毛が生えていない毛穴やもうすぐ抜けそうな毛に関しては、光脱毛の効果がありません。


そのため、脱毛サロンでの照射は3ヶ月ほどの間をあけて、6回から12回くらいの施術(時間にして1年半から2年半程度の期間)が必要となります。


脱毛ブログランキングバナー
脱毛 ブログランキングへ



関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリ
TBC (1)
リンク

エステ、脱毛、クリニック人気ランキング
無料メルマガ登録

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示