PICK UP 話題の脱毛サロン

エステ脱毛体験|まずは口コミ・評判をチェック! TOP  >  ★エステ脱毛に関する基礎知識 >  医療レーザー脱毛のメリットとデメリット

医療レーザー脱毛のメリットとデメリット

医療レーザー脱毛でのメリットは、効果が非常に高いことです。


医師
クリニックでは、エステサロンで使用が認められていない高出力のレーザーも照射できます。

サロン脱毛では一般に10回以上の照射が必要となるケースが多いですが、医療レーザー脱毛であれば3、4回の照射で大部分の毛が生えてこなくなります。

そのため、通う回数が比較的少なくて済むので、仕事で忙しい女性にとってはすごく便利です。


また、サロン脱毛で処理しきれないうぶ毛や細い毛も、高出力の医療レーザーなら脱毛できる場合があります。

サロン脱毛以上の完璧に近い仕上がりを求める方には、医療レーザーが選ばれています。

もちろん個人差はありますので、体験脱毛などを利用して試してみるのもいいと思います。


医療レーザー脱毛のデメリット


医療レーザー脱毛での最大のデメリットは、レーザーが高出力ゆえに、エステサロンで脱毛するよりも肌を痛める可能性が高くなることです。


サロン脱毛では施術後に腫れたりすることは比較的少ないですが、医療レーザーだと、一時的な腫れや赤みがでてしまいます。


施術時はサロン脱毛より痛みが激しく伴います。
太い毛が密集して生えている場合、少し我慢が必要です。


施術後の痛みや腫れがひどいようなら、医師にすぐ相談し適切な処置をしてもらいましょう。


医療レーザー費用面のデメリット


医療レーザー脱毛は、一般に非常に高価です。
感覚的にはサロン脱毛の数倍かかるといってよいでしょう。

全身や広い範囲を医療レーザー脱毛で処理したい場合は50万円以上といった費用になってきますので、よく考えて契約しましょう。


クリニックによっては、無期限の保証をつけている所もあります。

脱毛完了後にまた生え始めるのが心配な方は、高いお金を払うのですから、そういった保証つきのプランを選ぶのが安心です。

実際、妊娠をきっかけにホルモンバランスが変わり、脱毛した箇所から再び生え始めることはよくあるそうです。


まとめ


このように、メリット・デメリットがありますが、脱毛上級者の中には、サロン脱毛と医療レーザーを使い分けている人もいます。


例えば、サロン脱毛を数回試してみて効果の薄い箇所だけ医療レーザー脱毛に切り替える。
あるいは仕事で人に見られる腕だけは完璧にしたいから医療レーザー脱毛で、その他はリーズナブルにサロン脱毛といったように使い分けるのもいいかもしれません。


全身を医療レーザー脱毛する必要は必ずしもないので、これまでのサロン脱毛に満足できない方や、どうせやるなら高い効果を求めたいという方は、軽い気持ちでトライしてみてもいいかもしれません。

興味をお持ちの方は、一度クリニックで相談してみてはいかがでしょうか。


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリ

エステ、脱毛、クリニック人気ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: