PICK UP 話題の脱毛サロン

エステ脱毛体験|まずは口コミ・評判をチェック! TOP  >  ★エステ脱毛に関する基礎知識 >  エステ脱毛とは?

エステ脱毛とは?

女性にとって、肌の露出が多くなってくると気になるのがムダ毛の処理です。その方法として、毛抜きで抜いたりカミソリで剃ったり、ブリーチ剤やテープ、ワックスなどといった手軽にできるセルフ脱毛(自己処理)があります。

ただし、セルフ脱毛には以下のようなデメリットがあります。

 セルフ脱毛(自己処理)でのデメリット


ムダ毛に悩む女性
毛抜き脱毛のデメリット
・時間がかかり面倒
・痛みが強い
・炎症や化膿の恐れがある

カミソリ脱毛のデメリット
・肌へのダメージが大きい
・剃った後に生えてくる毛が太く見える
・カミソリ負けを起こす可能性がある

ワックス脱毛のデメリット
・痛みが強い
・雑菌が入ったり皮膚炎を起こしたりする可能性がある
・続けて使用することで埋没する恐れがある

こうした方法以外にも、除毛クリームや家庭で手軽にできる家庭用レーザー脱毛器などもあります。

しかし、いずれも肌にダメージを与える可能性が高く、家庭用レーザー脱毛器の場合、出力が弱いために痛い割には効果が薄かったり、使用法を間違えれば火傷やただれたりする危険性もあるので、使用する際は十分な注意が必要となります。

 プロによるエステ脱毛法について


プロによる脱毛法には、エステサロンでの施術、美容クリニックや美容外科での施術があります。

エステでの脱毛は今では一般的に普及していますが、以前はエステといえば痩身や美顔・美白のためのものといったイメージがありました。

しかし“美”を意識した女性にとってムダ毛処理は必須であるため、エステでも脱毛を取り入れるようになったわけです。

エステでは、「ワックス脱毛」「光脱毛」「ニードル脱毛(針脱毛)」の3種類の脱毛法を採用しています。

ただし、ワックス脱毛は現在行っているエステはほとんどなく、主流となっているのは光脱毛です。
光脱毛とは、毛根部分に黒い色に反応する光線を照射する脱毛法のことです。

エステで行われる光脱毛には「フラッシュ脱毛」「プラズマ脱毛」「IPL脱毛」の3種類があります。


 光脱毛の特徴について


1. フラッシュ脱毛
フラッシュ光線という強い光を照射し、毛根を破壊させる脱毛法。レーザー光線よりも波長が長く複合波長光線のため、照射範囲も広く短時間で広範囲の脱毛が可能。

2. プラズマ脱毛
キセノンフラッシュという光線と特殊な偏光フィルムにより、毛根を破壊する脱毛法。

3. IPL脱毛
強烈な(Intense)パルス状の光(pulse Light)を使用することから、「IPL脱毛(Intense pulse Light)」とも呼ばれる脱毛法。

光脱毛とレーザー脱毛は基本的な方法が似ているため間違われやすいのですが、レーザー脱毛は本来、美容クリニックや美容外科などの医療機関でしか施術できない脱毛法なのです。


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリ

エステ、脱毛、クリニック人気ランキング
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: